2021年冬ドラマが熱い!

今季のドラマが熱い。数えてみたら、完結したものも含め、8本見ている。普段は1本最後まで見ればよい方。

これだけ多くのドラマを見続ける生活はおそらく初だと思う。こんなに楽しめるものだったんだ…と毎週興奮が止まらない。

 

放送の場合もあるが、かなりの割合で見逃しサービスで見ている。FirestickTV HDを使えば、テレビ画面で実際の放送のように視聴できる。以前はタブレットで見ていたのだが、やはりドラマ視聴は大きい画面に限る。

配信期間が期限付きなのが、案外よい。録画だと「いつか見よう」となるところ、配信だと「○曜日までに見よう」と思える。イッキ見できないタイプなので、これは有り難い。

 

以下、見ているドラマの感想。

 

オー!マイ・ボス!恋は別冊で(TBS、火曜22:00〜)

f:id:yokantokiroku:20210226170658j:image

気になる男子が上司の弟!取材相手のお姉さんが彼の元カノ!とか、マジでベタベタなことしか起こらない。なにかあると登場人物が走り出して、編集長に尻拭いしてもらう展開がお馴染み。それでもやっぱり面白い…テンポと役者陣の力。そして画面から溢れ出る「見て欲しい!」っていうオーラ。これこそドラマらしさかもしれない。

創刊までトラブル続出でさすがに出版できないやろ…とマジレスしそうになるが、ドラマのパワーに跳ね返され「ま、いっか!」となってしまう。とにかくハッピーな内容。

以前は幼さもあった玉森くん、すっかり大人の男性になってとてもかっこいい…!この人気枠のドラマに抜擢されるってすごい!

 

夢中さ、君に(MBS、木曜0:59〜全5話完結)

f:id:yokantokiroku:20210226170711j:image

Twitterで知って見始めた。私は高校のとき、クラスメイトに見せない「本当の自分」があると思っていて、それを知って欲しくてたまらなかった。このドラマの登場人物は、むしろ「本当の自分」をうまく隠して高校生活を送ろうと奮闘する。クラスメイトには見せられないけど、他校の人には明けられる。色々な高校生が行き交う交差点…。距離の取り方がクールで、現代らしさを感じる。

原作がビームコミックス、妙な納得感がある。蛇足ですが、大西流星くんはジャニーズっぽい顔ランキング1位では…?!とかよく思う。

 

知ってるワイフ(フジテレビ、木曜22:00〜)

f:id:yokantokiroku:20210226170742j:image

いきなり本編以外の話なのですが、ドラマ主題歌 関ジャニ∞「キミトミタイセカイ」がすごくいい。ドラマで聞いた瞬間から、いままでの関ジャニ曲と違うものを感じていた。関ジャムでレコーディングの様子が特集されていた。ボイトレを行い、ハモリに挑戦。メンバーそれぞれの課題を少しずつ乗り越えていく。歌の新境地を切り開く彼らの姿にとても感動した。

ドラマの内容は、少し物足りない部分もあるかなと思いつつ、なんだかんだで毎回続きが気になって見てしまう。

大倉くんはいい旦那さんになる感じがするので、子育てや家事の大変さを理解しない夫よりも、理解ある人なのに何かが合わない夫…みたいな役が合いそう。勝手に言ってますが。

 

俺の家の話(TBS、金曜22:00〜)

f:id:yokantokiroku:20210226170832j:image
能×プロレス、そして親父の若い彼女。そこはもうクドカンワールド。中年の入口に立っているものとして、ビシビシ伝わるものがあった。

性(さが)とか生まれとかの話が毎回出てくるが、第4話寿一の能との向き合い方が印象に残っている。

実家に戻った寿一は、幼い頃能が上手くできなかった過去を思い出し、プロレスに思いをはせる。能に向いている息子と自分の昔と比べ、能から逃げたがっている甥と自分を重ねる。ああ、親はこうやって子どもを見ているのか…と視界が広がった。そして、遅ればせながら、とっくに子どもから中年世代の目線になっている自分にも気づいた。

甥が逃げて向かう場所は、かつて長瀬智也の溜まり場池袋西口。そして甥役の俳優・道枝駿佑(なにわ男子)は長瀬と同じジャニーズ所属。この重層…。

親を介護し、子どもを育てる。中年世代はなんて忙しいのかと感嘆する。

つい長瀬くんが親を介護する年齢になったんだな…。私は少し下の世代なので、常に長瀬くんの生き方に影響を受けてきた。幸せなことだ。

毎回笑って、感動してさせられる。面白さが群を抜いていて、傑作ドラマになること間違いなし。

 

六畳間のピアノマンNHK、土曜22:00〜)

f:id:yokantokiroku:20210226170918j:image
推しグループNEWSの加藤シゲアキさんが出演しているので見始めたが、なんとよいドラマなのか…と驚いた。

一話ごとに主人公が変わる群像劇で、各話の人物や場面が繋がっている。個人的にこういう作りは好み。同じ場面でも登場人物の視点によって全く違う意味を持って、毎回感心させられる。

1話はシゲが主人公。正義感が強いインテリ役がドハマリして、演技も素晴らしかった。2話は過労の末交通事故で亡くなった息子の父親が主人公。1話よりもっと重い内容だったが、主人公の心が晴れていく様子を鮮やかに描いていた。「鮮やか」という言葉で、第1話のオープニングを思い出した。登場人物たちが公園で過ごす映像が、モノクロからカラーになる演出だった。色を取り戻す話なんだなぁ…。

さすがNHK、と言いたくなる手堅いドラマ。

 

ここは今から倫理です。(NHK、23:30〜)

f:id:yokantokiroku:20210226171027j:image
主演山田裕貴さん出演作をはじめて見たんだけど、正直こんなに演技派だったのか…と驚いた。普段の感じと全く違う。変わり者でミステリアスな先生にしか見えない。

見る前は倫理授業の時間が中心かと思っていたが、完全に人間ドラマがメイン。毎回主人公となる生徒を丁寧に描いている。倫理内容はミニ番組の「ここはぺこぱと倫理です。」で補足される。f:id:yokantokiroku:20210226171041j:image

悪くないだろう(言いたいだけ)。

 

天国と地獄〜サイコな2人〜

f:id:yokantokiroku:20210226171053j:image

長くなってしまって、そろそろ息切れしていますが…笑 

綾瀬はるか高橋一生。この二人が出演、二人が入れ替わる時点で面白いに決まっている。中身が女性の人を演じる高橋一生はひたすらに可愛く、これが高橋一生劇場や〜〜ってなる。そして綾瀬はるかも負けていない。私の一押しは、溝端淳平。後輩役がかなりハマっている。

1週間を締めるに相応しい、豪華なドラマ。

 

おちょやん(NHK連続テレビ小説

f:id:yokantokiroku:20210226171118j:image
朝ドラを見始めるなんて…自分に驚いている。実に「あまちゃん」以来8年ぶり…。

最近歳のせいか早起きになって、テレビを見る余裕ができた。出勤する前の時間にぴったりで、日課になっている。

おはよう日本まで朝ドラのつなぎをやってるとは知らなかった。つなぎによって満足度が上がっていることは間違いない。

今回朝ドラ出身で有名になる俳優出てこないかなぁ。

 

青天を衝け(NHK大河ドラマ

f:id:yokantokiroku:20210226171150j:image

朝ドラに続き、なんと大河まで見ようとしている。自慢ではないが、大河を一度もちゃんと見たことがない。実家で両親が見ていて、結構目にはしていた。にもかかわらず、日本史に興味がないからか、一ミリも内容が入らなかった。それが数十年…。

今年の大河はそんな自分さえ見たいと思わせる要素がすごく多い。主演吉沢亮など全体的に若い。慶喜役がつよぽん(キャスティングした人天才か…)。さらに地元が出てくる。続くか分からないけど、大体内容が分かるくらいに追ってみたい。

 

ということで、気づけば朝ドラや大河は除いてどのドラマも2/3は過ぎているんですね…各話最終回に向けてますます目が離せない。今季のドラマ、そしてTVerNHK+最高〜!