加藤シゲアキの直木賞ノミネートを知って、悔しいと思った

 

オルタネート

オルタネート

 

加藤シゲアキさんの「オルタネート」が直木賞にノミネートされた。一報を知ったのは、朝布団の中でたまたま開いたLINEニュースだった。おお、ついにと思った。デビュー作品から読んでいるし、その間に私はNEWSのファンになっていた。大変おめでたい話だ。

 

しかし、少しずつ違う感情が芽生えてきた。それに気づいてしまうから、私は「オルタネート」が手元に届いても読み始めることができなかった。おそらくこの作品で結果を残すだろう。それはとても悔しいことだなと。

 

自分が取り組む分野を決め、コツコツと続けること。結果を出すこと。それが創作分野であること。

成功している人はすべて同じようなことをしているだろうが、すごいと思った。

 

私は幼少期からなにか作ることが好きだった。小中学校では漫画やイラスト、大学では映画制作。社会人になってからは写真教室と脚本の教室に行っていた。でも、結局どれも途中で辞めて、いまに至っている。

世の中にはそういう人が星の数ほどいて、何かを作り出して結果を出す人なんて滅多にいない。それでも、憧れてしまう性分だ。結果だけをみて羨ましがっているようになっていて本当に失礼だと思うけど、定期的にやってくる病気のようなものだ。

いまとても格好悪い告白をしていると思う。ずっと思っていたことだった。けど、恥ずかしくて言えなかった。だから、それを認めるためにいま書いている。

 

以前タイプライターズで、又吉直樹さんと加藤シゲアキさんが芸能活動を行いながら作家活動をしていることに対して、中村文則さんと羽田圭介さんが「その仕事量で作家するのは狂っている」と言っていた。確かにその通りだろう。

RIDE ON TIMEのNEWS回で加藤さんは「アイドルやっている人は狂っている」と言っていた。ということは、アイドルをしながら作家をする加藤さんは真の狂人なのかもしれない(アイドル活動の中には作曲家・脚本家とかも入っている)。狂っていないと何事も秀でないと最近思う。

 

11月放送のタイプライターズは綿矢りささんがゲストだった。綿矢さんが芥川賞を受賞したとき、加藤さんは「スノボに向かう深夜バスで読んで、こんなことしている場合なのかと思った。僕の背中も蹴られた」と言っていた。

綿矢さんの受賞から15年近く経ち、いま加藤さんは「背中を蹴る存在」になったと思う。私の背中も蹴られた。

 

もちろんいままでも著名人が文筆業をして、受賞などをしてきただろうが、我々世代では加藤さんが先駆者だ。他はフォロワーかもしれない。

私はNEWSファンだし、加藤シゲアキさんのファンだが、今回のことはファンの気持ち以上のことを考えてしまった。ジャニーズが直木賞にノミネートすることの影響はとても大きい。話題になり本が売れること以上だと思う。小説関係の出版の裾野を広げる可能性すらあると思う。

 

そこで自分のことに戻ってみる。私はというと、はてなブログを書くくらいには狂っている。ここは笑うところです。

それに加えて、定期的に「脚本書くぞ!」「小説書くぞ!」とか思ってる人生って結構幸せじゃんと思って、これも笑ってしまう。

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」という脚本家志望の若者を描いた映画がある。この映画を知ったときは、自分に似た人を見ることになりそうで、見ることができなかった。これを機に鑑賞して、「あ〜痛てぇ〜」って言いながらゲラゲラしようと思う。

 

繰り返しになるが、こういう類の話を恥ずかしいと思っていたけど、もういいじゃんと思った。みっともなくても、小説でも脚本でも書きたいけど書けないし、それを悔しいと思ってていい。

2年くらいずっと悔しかった。何にもならない日々にイライラしていた。未だに取り組むことすら決められていないことにも。苛立つくらいには若いのか、と思ったりする。とりあえずできることがブログを書くことだと思っていた。

 

脚本は明確な対立関係を作らねばならず(もちろんに画で分かるような)、正直性格的に向いていないなと思った。小説も同じようなところはあるけれど、やってみたいと思っている。あと、創作よりも自分の幼少期の話が面白いような気もしている。

それと、創作分野はすごく魅了的に見えるから、他のものより輝いて見えてしまうけど、別に創作分野だけではない。それが分かるくらいには大人になった。

 

‥ということで加藤さんの話題を借りて自分語りになってしまったが、「オルタネート」受賞して欲しいなと思う。私はNEWSファンになる前から「タイプライターズ」を見ていたので、ついあの番組を考えてしまう。又吉さん・中村さん・羽田さんはみんな芥川賞受賞者。作家ではあるけど、芸能人だから本を出せているという引け目を感じていた加藤さんが、他の3人と同じく一流の受賞者になるかもしれない。そう思っただけで、胸があつくなるし、嬉しい気持ちになる。受賞できなくても、書き続けてくれるだろうから楽しみだ。

 

ひとまず色々な思いを抱えつつ、「オルタネート」を読み進めることにします。

 

そして、完全におまけみたいになってしまったけど、NEWSシングル発売おめでとうございます!どの曲も最高だったよ〜!

 

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(初回盤A)

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(初回盤A)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: CD
 
チンチャうまっか/ビューティフル/カナリヤ(初回盤B)

チンチャうまっか/ビューティフル/カナリヤ(初回盤B)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: CD
 

 

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(通常盤)

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(通常盤)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: CD