JUST DANCE 2020

突然踊りたくなった

SwitchのソフトJUST DANCEを手越くんのゲーム実況番組で知った。

www.ubisoft.co.jp

f:id:yokantokiroku:20200418211902j:plain

手越くんの動画はOPENREC.っていうアプリで無料見られるからぜひ。3/15の回です。あとインスタあたりにあるかと‥

 

見てからなんとなく踊りたくなった。NEWSのコピーダンスサークルのインスタを見て踊ってみたり、モーニング娘。気まぐれプリンセス」などの動画を見て踊ってみたり‥。(プラチナ期大好き勢なので‥いまは全然追いかけられてませんが)

 

3月から仕事が休みになっていて、半月くらい経っていた。ダンス未経験だし、普段全然動かないほう。だけど、あまりに動いてないからか、体が動きたくなったようだ。不思議。
ダンスって全身使うからよい。歩くだけだと絶対に手や足をあげたりのばしたりしない。何より、好きな曲に合わせて体を動かすのは楽しい。数十分のウォーキングはかなり辛し、外に出るまでが大変だ。全然踊れていないし、ちゃんと習ってやったらつらいだろうけど、体動かす分には問題なし。いまの家が下の階を気にしなくていい環境でよかった。

 

踊るのに慣れたところで、ようやくJUST DANCEを買った。Switchはどうぶつの森発売日直後に運よくゲットできて持っていた。当たり前だけど、YouTubeで踊るより楽に真似できる。そしてたくさん体を動かせる!

自宅待機はますます長期化しそうだ。体を動かせないのはなかなか辛い。楽な体の動かし方が見つかってよかった。

 

手帳

1月から新しい手帳に日々の行動を書いている。世の中の状況が刻々一刻と変化している。ニュースも騒がしい。けど、手帳に書くことは全然変わらない。食べたもの、買い物に行った場所、見たテレビ‥。

 

つぐづく日々の変化を書くのが苦手だなと思う。東日本大震災のときもそうだった。水や電気が停まっていて、信号も動いてない。入社前でやることもない。手持ち無沙汰でノートを開いたら、結局「家にいて整理整頓した」って書いてた。なんか違うと思ってやめた。

 

Twitterも5年前にやめた。書いても積み上がっていかない感じがした。検索してみたら、SNSとはそういうフローなものらしい。書くときも読むときも、一定量の文書が好きであることに気づいた。書くときはある程度時間が必要。

‥というのは理由のひとつ。当時は自分の頭の中が整理できなくて、書き散らしていて、いい加減ダメだと思ってやめた。すぐに影響されるから、反応しないといけない気分になって、いつも落ち着かなかった。読む、書く、反応する、反応される、さらにリアルタイム性がある、と使うのが難しいツールなんだろうな。

 

記録

新型コロナが発生して、3月中は特に日々不安だった。仕事は休みになったけど、上手く時間を使えない。ブログでもコロナのことを書く人が増えたけど、私はうまく書けない。ふたたび手持ち無沙汰な感覚になって、焦った。焦っても免疫力が下がるだけで何もならないけど、考えてしまうから仕方ない。

 

でも、震災のときよりは歳を取っているので、なんとなく日々楽に過ごす方法が分かってきたかもしれない。前述のダンスのように、自分なりに楽しく過ごせる方法を見つける。それも頑張らず発生するのを待つ。見つかればラッキーなんだと思う。

 

4月から

4月中のダンス以外の過ごし方。

漢検の勉強

前々から漢字の知識がない自覚はあって、これを機に勉強をやってみる。同じ考えの人が多いのか、Amazonでは買ったテキストが売り切れになってた。漢検、学生のときもやらなかったから、勉強するのはじめて。

スマホでの入力に慣れてるから漢字全然出てこない‥。四字熟語と部首がまじで未知。

 

タブレットをメインで使うようにした

スマホを見てて目が痛くなった‥タブレットの方がだいぶマシ。スマホタブレットどちらのブックマークも整理してすっきり!(いかに時間があるか分かる‥笑)

 

どうぶつの森ブームの波に乗る(6、7年ぶり2回目)

DS版よりやることがめちゃくちゃ多くて、なかなか進まない。DS版でやってた魚釣りとか木をゆらすのばっかりやっちゃって、島の開拓が後回しになってしまう‥。

小ネタが分かるようになって楽しい。(togetterはよく読みます)

togetter.com

 

④図書館の休館にショックを受ける

3月中はいい感じに読書ができてたのに‥図書館って偉大だな。。なので、図書館で予約数が多くて当分まわってこなそうな本を買ってみた。又吉さんの本も欲しいな。

【第156回 直木賞受賞作】蜜蜂と遠雷

【第156回 直木賞受賞作】蜜蜂と遠雷

  • 作者:恩田 陸
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: 単行本
 
トラペジウム (角川文庫)

トラペジウム (角川文庫)

  • 作者:高山 一実
  • 発売日: 2020/04/24
  • メディア: 文庫
 
ファーストラヴ (文春文庫)

ファーストラヴ (文春文庫)

 
【第161回 芥川賞受賞作】むらさきのスカートの女

【第161回 芥川賞受賞作】むらさきのスカートの女

  • 作者:今村夏子
  • 発売日: 2019/06/07
  • メディア: 単行本
 

 

いまできることって全部JUST○○なんだろうな‥手洗い、うがい、家にいるとか。あとは時間が経つのを待つのみ‥。