紅白歌合戦 究極にスリリングな番組


f:id:yokantokiroku:20210102150422j:image


晦日が最も好きな一日だ。それは、クリスマスが終わってから仕事納め、大掃除、年末年始の食事の準備など怒涛の日々の終わりに、紅白歌合戦があるからかもしれない。

紅白アーティストの選出は芸能事務所の力関係で決まり、納得できないとの声も多い。私はそれに同意しつつも、いまでも紅白は見るに値する番組だと思っている。

 

先述したように選出に賛否はあるが、一流のアーティストが揃うこと。凝った演出とセット。審査員と客がいるNHKホールという空間。そして、何よりもそれらを共有する日本中の視聴者。

ハレとケという言葉があるが、紅白歌合戦は高らかに、この日が「ハレ」である、と言ってくれる。スパンコールや羽根がついたきらびやかでときに重そうな衣装、艶やかな着物、たくさんのバックダンサー、キラキラと宙を舞うアルミの吹雪…。テレビをつけるだけで、家にいながらに非日常的な時間を過ごすことができる。

 

どの瞬間も何百万人の視聴者に見られている紅白は、一秒の濃度が他の番組とは全く異なる。ときにアーティストの決定的な瞬間を映し出す。

例えば、2014年の神田沙也加。その年『アナと雪の女王』の声優として大活躍した彼女は、「みんなで歌おう」という企画のパートで『生まれてはじめて』を歌唱した。エルサ役のイディナ・メンデルと、ニューヨークからの中継だった。『ありのままで』が流れて明転したNHKホールに立つ出場歌手の中に、松田聖子もいた。アップになった松田聖子は涙目で、いまにも泣きそうな表情だった。

神田沙也加は松田聖子の娘であり、アイドルとしてデビュー後自分の道を模索した末、ミュージカルに岐路を見出し、ついに自分の力で紅白の舞台に立った。それは『ありのままで』の歌詞にも重なる。松田聖子のアップの一瞬に、国民の知るストーリーすべてが詰まっていた。

それを何百万人の視聴者と同じ共有できる。SNSを見なくても多くの人が同じ感情になる。すべての出場歌手が人々の記憶に残る歌手になるわけではないが、心を動かされる瞬間がある。

 

しかし、紅白はこのように感動的な瞬間ばかりではない。むしろ混沌とした状態こそ紅白の本質であると思う。例えば、2016年はマツコとタモリが会場に登場するパートがあり日本中が首を捻ったし、数年続けていて慣れてしまったが三山ひろしの歌唱中にけん玉のギネス記録に挑戦する流れは突飛すぎて驚いた。先日の2020年紅白ではGReeeeNがCGで登場してお茶の間を騒然とさせた。

こうした珍妙な演出に日本国民が一緒にザワザワするというのが醍醐味だ。

 

アーティストの単独コンサートでも同じ規模か、それ以上の華やかな舞台はある。けれど、多くのアーティストや審査員が集まる紅白は、つねに何が起きるか分からない。一分一秒スケジュールが決まっているはずなのに、いつも不確定要素がある。

司会の綾瀬はるかがミスりまくったり、猪苗代湖ズが歌唱前に震災についてコメントして空気が変わったり、審査員の新垣結衣が照れながら恋ダンスをしたこともあった。松任谷由実がサプライズで会場に登場して、司会者・出場者が本気で驚く場面もあった。常に当日にならないと分からない化学変化のような感じがする。

写るものすべてが、NHK的な公序良俗に反してはいけないという縛りもある。司会者がそれらに配慮している雰囲気は視聴者にも伝わる。だから、妙によそよそしいやりとりにハラハラするし、笑ってしまうときもある。

 

出演者も大勢の視聴者に見られる大舞台であるからミスはできない。それに加えて、一年の節目の日であるという緊張感もあるのではないか。その年の集大成であるし、終わってしまうので、その年に関しては取り返しがつかない。

 

紅白は一秒単位で撮られる映像が決まっており、厳しいタイムスケジュールで進行されている。視聴者も長年番組を見続けて、それを知っている。審査員が長く話している場面で、司会者が早めに切り上げたそうにしている姿は毎年恒例である。究極にコントロールされていると知っているからこそ、そこからはみ出てしまった場面が妙におかしみを生む。

 

このオンタイム進行への緊張感は、大晦日だからこそ高まる。新年を迎える前の時間はタイムリミットである。そして、番組の進行はカウントダウンでもある。年が終わるという最も不可逆に思える瞬間。新しい年を迎えるという気持ちの高まり。その時間を、何百万人とリアルタイムで経験しているということ。

これらが合わさる紅白は、この上なくスリリングである。

 

蛍の光が流れて、番組がエンディングを迎えると、私たちはようやく緊張から解放される。さっきまで見ていたテレビの非日常空間から、日常空間へ戻る。23時45分に紅白が終わると、残り15分で支度をして、各々新年を迎える。

 

さて、今年の紅白について。コロナ禍で無観客、多数の会場から行われた。NHKホールの一体感がなくなってしまうのかと心配だったが、いつもよりステージを広く使っていたり、レーザービームを出しまくっていたり、面白かった。後半は見応えがあったが、箸休め的な部分がなくて少しバランスが悪かったと思う。中継で映った嵐の東京ドームのセットは、おそらく紅白の制作費を超えた巨額の予算で作られていることが感じられた。今年は、白組に大差をつけて紅組が勝ったけど、多分本来白組に投票してた人が嵐のオンラインライブを見ていた感じもする。

 

オンラインライブが一般的になって、大晦日の過ごし方の選択肢も増えた。けど、やっぱり大晦日には紅白を見たいな。

加藤シゲアキの直木賞ノミネートを知って、悔しいと思った

 

オルタネート

オルタネート

 

加藤シゲアキさんの「オルタネート」が直木賞にノミネートされた。一報を知ったのは、朝布団の中でたまたま開いたLINEニュースだった。おお、ついにと思った。デビュー作品から読んでいるし、その間に私はNEWSのファンになっていた。大変おめでたい話だ。

 

しかし、少しずつ違う感情が芽生えてきた。それに気づいてしまうから、私は「オルタネート」が手元に届いても読み始めることができなかった。おそらくこの作品で結果を残すだろう。それはとても悔しいことだなと。

 

自分が取り組む分野を決め、コツコツと続けること。結果を出すこと。それが創作分野であること。

成功している人はすべて同じようなことをしているだろうが、すごいと思った。

 

私は幼少期からなにか作ることが好きだった。小中学校では漫画やイラスト、大学では映画制作。社会人になってからは写真教室と脚本の教室に行っていた。でも、結局どれも途中で辞めて、いまに至っている。

世の中にはそういう人が星の数ほどいて、何かを作り出して結果を出す人なんて滅多にいない。それでも、憧れてしまう性分だ。結果だけをみて羨ましがっているようになっていて本当に失礼だと思うけど、定期的にやってくる病気のようなものだ。

いまとても格好悪い告白をしていると思う。ずっと思っていたことだった。けど、恥ずかしくて言えなかった。だから、それを認めるためにいま書いている。

 

以前タイプライターズで、又吉直樹さんと加藤シゲアキさんが芸能活動を行いながら作家活動をしていることに対して、中村文則さんと羽田圭介さんが「その仕事量で作家するのは狂っている」と言っていた。確かにその通りだろう。

RIDE ON TIMEのNEWS回で加藤さんは「アイドルやっている人は狂っている」と言っていた。ということは、アイドルをしながら作家をする加藤さんは真の狂人なのかもしれない(アイドル活動の中には作曲家・脚本家とかも入っている)。狂っていないと何事も秀でないと最近思う。

 

11月放送のタイプライターズは綿矢りささんがゲストだった。綿矢さんが芥川賞を受賞したとき、加藤さんは「スノボに向かう深夜バスで読んで、こんなことしている場合なのかと思った。僕の背中も蹴られた」と言っていた。

綿矢さんの受賞から15年近く経ち、いま加藤さんは「背中を蹴る存在」になったと思う。私の背中も蹴られた。

 

もちろんいままでも著名人が文筆業をして、受賞などをしてきただろうが、我々世代では加藤さんが先駆者だ。他はフォロワーかもしれない。

私はNEWSファンだし、加藤シゲアキさんのファンだが、今回のことはファンの気持ち以上のことを考えてしまった。ジャニーズが直木賞にノミネートすることの影響はとても大きい。話題になり本が売れること以上だと思う。小説関係の出版の裾野を広げる可能性すらあると思う。

 

そこで自分のことに戻ってみる。私はというと、はてなブログを書くくらいには狂っている。ここは笑うところです。

それに加えて、定期的に「脚本書くぞ!」「小説書くぞ!」とか思ってる人生って結構幸せじゃんと思って、これも笑ってしまう。

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」という脚本家志望の若者を描いた映画がある。この映画を知ったときは、自分に似た人を見ることになりそうで、見ることができなかった。これを機に鑑賞して、「あ〜痛てぇ〜」って言いながらゲラゲラしようと思う。

 

繰り返しになるが、こういう類の話を恥ずかしいと思っていたけど、もういいじゃんと思った。みっともなくても、小説でも脚本でも書きたいけど書けないし、それを悔しいと思ってていい。

2年くらいずっと悔しかった。何にもならない日々にイライラしていた。未だに取り組むことすら決められていないことにも。苛立つくらいには若いのか、と思ったりする。とりあえずできることがブログを書くことだと思っていた。

 

脚本は明確な対立関係を作らねばならず(もちろんに画で分かるような)、正直性格的に向いていないなと思った。小説も同じようなところはあるけれど、やってみたいと思っている。あと、創作よりも自分の幼少期の話が面白いような気もしている。

それと、創作分野はすごく魅了的に見えるから、他のものより輝いて見えてしまうけど、別に創作分野だけではない。それが分かるくらいには大人になった。

 

‥ということで加藤さんの話題を借りて自分語りになってしまったが、「オルタネート」受賞して欲しいなと思う。私はNEWSファンになる前から「タイプライターズ」を見ていたので、ついあの番組を考えてしまう。又吉さん・中村さん・羽田さんはみんな芥川賞受賞者。作家ではあるけど、芸能人だから本を出せているという引け目を感じていた加藤さんが、他の3人と同じく一流の受賞者になるかもしれない。そう思っただけで、胸があつくなるし、嬉しい気持ちになる。受賞できなくても、書き続けてくれるだろうから楽しみだ。

 

ひとまず色々な思いを抱えつつ、「オルタネート」を読み進めることにします。

 

そして、完全におまけみたいになってしまったけど、NEWSシングル発売おめでとうございます!どの曲も最高だったよ〜!

 

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(初回盤A)

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(初回盤A)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: CD
 
チンチャうまっか/ビューティフル/カナリヤ(初回盤B)

チンチャうまっか/ビューティフル/カナリヤ(初回盤B)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: CD
 

 

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(通常盤)

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(通常盤)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: CD
 

 

ニューヨーク旅行 2日目 公共図書館など

2015年のニューヨーク旅行。これまで載せきれなかった内容をまとめて。

 

2日目 ニューヨーク公共図書館&観劇

 

タイムズスクエア付近まで南下。雨だ〜。
f:id:yokantokiroku:20201220182411j:image

 

適当な店で朝食を。
f:id:yokantokiroku:20201220182856j:image
f:id:yokantokiroku:20201220182739j:image

海外あるある「メニュー写真と違う」が発生。あんまり美味しくなかった‥。写真1枚目のやつのほうが美味しそうである。

単独行動のときは、下調べと勇気がなくて、レストランには入らなかった。この旅行の反省点である。

 

ニューヨーク公共図書館

BANANA FISH」の最重要舞台、ニューヨーク公共図書館。これを見にここまで来たのだ‥!
f:id:yokantokiroku:20201220183357j:image
f:id:yokantokiroku:20201220183418j:image
f:id:yokantokiroku:20201220183510j:image
f:id:yokantokiroku:20201220183531j:image

なんと、、改修工事中で作品に出てくる部屋に入ることができなかった‥。事前に調べてもおらず。。
f:id:yokantokiroku:20201220183551j:image

悲しみの自撮り。

f:id:yokantokiroku:20201220184128j:image

f:id:yokantokiroku:20201220183623j:image
f:id:yokantokiroku:20201220183639j:image
絶対もう一回行くぞ‥!見られなかったけど、旅行に行ったことは後悔なし!

そういえばこちらも見逃してしまったので見たいですね。

 

お昼はグランドセントラルのSHAKESHAKE。いまひとつな写真がこちらになります。

f:id:yokantokiroku:20201223125651j:image

f:id:yokantokiroku:20201223125725j:image

 

TICKETSでチケットを購入し、午後「CHICAGO」を観劇。
f:id:yokantokiroku:20201220190630j:image
f:id:yokantokiroku:20201220190713j:image
f:id:yokantokiroku:20201220190801j:image

しかし、映画の「CHICAGO」見たときも思ったんですが、この話はそこまでピンと来ないというか‥ただ、時差ボケと戦いながら見たので何見ても同じだったのかもしれないが‥。でも、とりあえずニューヨークで観劇できてよかった!(雑!)

 

3日目の朝 有名スーパーへ

ホテルの徒歩圏内に、高級スーパーの通りがあった。早い時間から開いているスーパーで買い物して、荷物をホテルに持って帰り、すぐ観光に出発することができました〜。

 

おしゃれスーパー。ネットで勧められたものを探してちょこちょこ買った。

f:id:yokantokiroku:20201221163540j:image
f:id:yokantokiroku:20201221163604j:image
f:id:yokantokiroku:20201221163732j:image

 

こちらは一瞬だけ寄った2店。日本からは撤退しちゃったアメアパ(AmericanApparel)。

f:id:yokantokiroku:20201221163959j:image
f:id:yokantokiroku:20201221164021j:image

ロクシタン。店員さんに話しかけられて挙動不審になった思い出だよ!
f:id:yokantokiroku:20201221164535j:image

 

  • ゼイバーズ

外観の写真なし。トレーダージョーズよりも小さかったけど、色んなものがぎっしり陳列されてる感じで、品数が多かった。1階に食品、2階には調理器具やお皿が売っていた。

 

カットフルーツやお菓子は映え〜。フリーの壁紙みたい。

f:id:yokantokiroku:20201221164319j:image
f:id:yokantokiroku:20201221164348j:image
f:id:yokantokiroku:20201221164239j:image
f:id:yokantokiroku:20201221164210j:image

ゼイバーズも色々な作品に出てくるらしいけど、知っているのは、前回もちょっとだけブログに書いた映画ですが、「マンハッタン」。お店から出る様子が一瞬だけ映ります。

マンハッタン [Blu-ray]

マンハッタン [Blu-ray]

  • 発売日: 2014/07/02
  • メディア: Blu-ray
 

一昨年読んだこちらの本にも。

ファーストフードのイメージが強いアメリカの食文化。批判されがちだが、移民の文化が混じり合ってできた歴史があり、いまも進化し続けているのだ‥みたいな内容。読んでテンションが上がった訳じゃないけど、なんだかずーっと印象に残っている本。


f:id:yokantokiroku:20201221164510j:image

イートインで、有名なサーモン&クリームチーズベーグルサンドを。食べかけごめんなさい。美味しかった。

けど、クロワッサンにクリームチーズをトッピングしたものを食べてる人が多くて気になった。あれはなんだったのか‥美味しそうだったぞ‥。

コーヒーはあっさりしてて美味でした。粉も購入。

 

3日目の続きはこちら。それにしてもよく動いた日!

yokantokiroku.hatenadiary.jp


戦利品はこちら。

f:id:yokantokiroku:20201221165754j:image
f:id:yokantokiroku:20201221165839j:image
f:id:yokantokiroku:20201221163846j:image

 

写真いろいろ

f:id:yokantokiroku:20201221212441j:image

撮ったときは全然気づかなかったんだけど、この間99人の壁ディズニー特集で「シンデレラ」の衣装の話が一瞬出てきて、撮ったあれは本物?!って気づいた。

検索したらactual Cinderella costumeって書いてある‥5年越しで気づくこともあるものね。このドレスはクリスタルが1万個ついてるらしい。

シンデレラの映像、セラムンの変身感があって気になった。映画見よ。

 

ツムツムがあった。
f:id:yokantokiroku:20201223125139j:image

エスカレーターがラプンツェル仕様!ディズニーで一番ラプンツェルが好きなので嬉しかった〜。エスカレーターに乗って撮ったのでブレてます。

f:id:yokantokiroku:20201221213203j:image
f:id:yokantokiroku:20201221213246j:image
f:id:yokantokiroku:20201221213312j:image

ディズニーストアの商品はちゃんと子ども向けのおもちゃだった。日本のディズニーストアは大人向けというか日常的に使えそうなものが多いよね。

 

遊園地みたいではいるだけで楽しい空間!調べてみたら、2015年の12月にテナント料の高騰で撤退してた‥2017年に一時的に復活したみたいだけど。なんでも当時のままじゃなくて変化してるんだなあ。

f:id:yokantokiroku:20201223125259j:image

f:id:yokantokiroku:20201223125314j:image

動画を切り出したんで伝わるか分かりませんが‥この未来的なおもちゃが気になって仕方がない。触らず手のひらや手の甲で操作してた。何か知ってる方がいたら教えて下さい。

f:id:yokantokiroku:20201221213631j:image
f:id:yokantokiroku:20201221213702j:image
f:id:yokantokiroku:20201221213713j:image
f:id:yokantokiroku:20201221213724j:image
f:id:yokantokiroku:20201221213631j:image
f:id:yokantokiroku:20201221213737j:image
f:id:yokantokiroku:20201221213744j:image

  • MIDTOWN COMICS

JILLSTUARTを探しに徘徊してたら見つけたお店。日本の漫画アニメ関連もたくさんあったよ。
f:id:yokantokiroku:20201223130047j:image

f:id:yokantokiroku:20201223130059j:image

f:id:yokantokiroku:20201223130109j:image

f:id:yokantokiroku:20201223130118j:image

f:id:yokantokiroku:20201223130127j:image

f:id:yokantokiroku:20201223130249j:image

 

  • お土産まとめ

1日目MoMAで買ったマグリットの時計と、
f:id:yokantokiroku:20201221174113j:image

ノートセット(表と裏)。
f:id:yokantokiroku:20201221172707j:image
f:id:yokantokiroku:20201221172731j:image

MIDTOWN COMICSで買ったお土産。
f:id:yokantokiroku:20201221211041j:image

ナショナルミュージアムで買ったマウスパッド。
f:id:yokantokiroku:20201221211101j:image

お菓子類。このときは知らなかったけど、SWISS MISSもLindtドンキで買えるね!
f:id:yokantokiroku:20201221172504j:image
f:id:yokantokiroku:20201221172522j:image
f:id:yokantokiroku:20201221172540j:image

センチュリー21で買った時計。割とすぐなくしてしまった(泣)。それと、ホテルのカードキー。
f:id:yokantokiroku:20201221172604j:image


  • 空港の写真

3月17日のセントパトリックス・デーが近くて、その展示みたい。
f:id:yokantokiroku:20201221173902j:image

旅行に行かなければこの日を知ることもなかっただろうな。
そういえば、トレーダージョーズにもグッズが売っていました。
f:id:yokantokiroku:20201221174027j:image
イースター関係も。かわいい。
f:id:yokantokiroku:20201221174712j:image
去年つぶやいた内容をようやく実現させたよ!

 

というわけで長くなりましたが、以上です。今年中に書き終えてよかった~。

 

日数としては充分な4泊5日の旅だったけど、まだまだ見たりなかったなと思う。チェルシー地区、ハイライン、美術館、劇場など行きたいところをあげたらきりがない。初の単独海外旅行で緊張もしていたから、絶対にまた行って緊張せず楽しみたい。

 

学生のときから映画を見続けていたせいか、いつの間にかアメリカ文化に魅了されている自分に気がついた。アメリカは見せるのが上手い。選挙や裁判の政治的なことすら、エンタメ化して人々を巻き込むトルネードだ。

外国に行くと、日本がいかにアメリカの影響下にあるか気づく。それが当然で、他の国でアメリカが好きでない人がいて驚くくらいだ。それを理解した上でも、やはり気になってしまう場所だ。

ニューヨークはもちろんのこと、別の場所にも行けたら最高。はやく渡航ができる世の中にはやくなって欲しい。そして、それまでに英語の勉強をして、英語力をあげたい。移動はできないけど、日本以外のたくさんの国の映像を見ることができる時代だから‥飽きないように頑張るぞ〜。

 

帰りの空港でまじで英語が通じないし聞き取れなくて苦労した‥結果的に平気だったんだけど。現地で少し会話できるようになれたらいいな。あと、次回旅行に行くときはちゃんとしたカメラできれいな写真を残したい。