NEWSの「見せ方」

いままではNEWSの歌と演出が好きだと思っていた。

 

歌。楽曲が魅力的で、ジャンルが幅広い。一人ひとりの歌声を大切にしており、伝える力が強い。

ライブ演出。NEWSといえばそのライブごとにテーマがあるコンセプトライブだが、ストーリー仕立てあることにも注目したい。詳しくは省略するけど、そのストーリー部分に歌をうまく絡めて使っている。
また、ライブ中の映像は、アイドルらしさより、NEWSの思うかっこよさ・統一感を大切にしている。

 

けれど、この間のテレ東音楽祭を見たときに、違う言葉が思い浮かんだ。
もちろん歌も演出も好き。けど、もう少し広い言い方で、NEWSの「見せ方」が好きなのかもと。

 

その日披露される曲は、出番直前に分かった。『チャンカパーナ』と『ビューティフル』。
チャンカパーナ』は、4人時代最初のシングル曲であり、いまやNEWSの代表曲。横並びの4本のスタンドマイクの前で歌う曲。手越くんが脱退したあとに披露されたことはなく、一瞬身構えた。代表曲と言っても、3人になって披露されるなんて。

 

NEWSは横並びではなく、画面下側からぴょこんと飛び出して、アップで映った。カメラは水平方向に手動でくるくると動かせる…2018年のEPCOTIAライブで『チャンカパーナ』が披露されたときの演出だった。これには驚いた。


3人はニコニコとカメラ動かしながらカメラのまわりを歩き、シゲからまっすーにカメラがパスされ、小山くんはスルーされ…楽しそうに歌う。
4人のイメージが強いから、私のように身構えてしまった人も多かったと思う。それをこんな方法で見せるとは。

 

さらに、最後カメラをパスした先に、レンタルなんもしない人が現れ、驚いた。思わず「あっ!」と声が出ていた。

 

NEWSは、レンタルさんが見守る中、正面のステージでビューティフルを披露。曲の終わる頃「NEWSの歌を聴いてほしいとの依頼を受けた」というレンタルさんのツイート内容がテレビに映り、ステージは終わった。内容は実際にレンタルさんのTwitterでツイートされていた。

 

二重に仕掛けがあるステージ。4人時代の曲への気配り。NEWSらしかった。
この日は、まっすーのドラマ『レンタルなんもしない人』の最終日。どこまでがNEWS側の演出かは分からない(多分ラジオでそのうち教えてくれると思う)。でも、こうした見せ方のポテンシャルを持つのがNEWSだと思った。

 

思えば、はじめて3人のステージでもそうだった。6月のジャニーズ配信ライブJohnny‘s World Happy LIVE with YOU。手越くんが活動自粛中で、3人でのステージだった。緊張して、祈るようにライブを待っていた。NEWSの歌は手越くんの占める部分が大きかった。大丈夫だと思っていたけど、パフォーマンスが低下する可能性だってあった。見るのがこわかった。

 

ライブは想像していたものとは違った。3人は手越くんのパートを一部歌わず、残した。


一曲目『クローバー』。開始すぐ、メンバー作詞作曲のリレー形式のこの曲だと気づき、驚いた。一番最後が手越くんのパートはどうするのかと。前半は歌わず残し、後半のこの部分を歌った。

 

ずっと同じ景色見てきたね
君がいるから幸せ
幾千の悲しみや別れ乗り越えて
永遠に君に幸あれ

 

単にこの歌詞を歌ったことも充分感動的だが、実際はもっと複雑なことをしていたと思う。

この方法を取ったことで、続く曲すべてが、その場にいない手越くんへのメッセージになった。MCはなくて、言葉で言ったわけではない。けれど言葉よりも雄弁だった。周到で秀逸だった。


ラストの『U R not alone』。大サビの手越パートも歌われなかった。それまでの曲で表現されてきた思いと、3人の沈黙した表情。心を動かされて、泣いた。

 

ステージの使い方もよかった。『クローバー』ではステージ・客席と別の場所から登場した3人が、手越くんパートのインストが流れる中移動。センターステージに集合した瞬間、ペンライト風の客席ライトが中心のステージから外側に広がって点灯。『エンドレス・サマー』はトロッコに乗って移動しながら披露。
会場全体をうまく使っていた。そのせいかカメラも工夫され、飽きない画になっていた。

 

見終わって、「ああ、私の好きなNEWSだ」と思った。見せ方が上手なのは知っていたが、それが手に取るように分かった瞬間だった。「手越くんに合わせた高い音程の曲ばっかりだから歌えなかったらどうしよう」とか考えていた自分が、いま思うと恥ずかしい(ご存知のとおり、NEWS3人が、この鬼気迫るというか魂のパフォーマンスをしていたわけが、翌日の夕方に分かったのだった…ぴえん……。。)。

 

4人で披露していたものを3人でやろうとすれば、別の方法で見せる必要も出てくる。そして、それは図らずもNEWSのいい部分を引き出している。
私は手越くんが退所して、4人でなくなることが、ショックだった。今後4人のNEWSを見られない寂しさも定期的にやってくる。けれども、「この先もNEWSは大丈夫そう」「応援できそう」と思えたのは、HappyLiveを見ていたからだと思う。NEWSには「見せ方」の実力がある。

 

4人時代の曲を歌割りを変えて披露すること、プロとして歌いこなすこと、STORYライブをすること。それらは素人が想像しただけで難しいことだろうと思う。
雑誌等でこれからの展望を語るNEWSもすごく好きだ。けれど、何よりもパフォーマンスで見せてくれる姿勢が好きなのだと思う。だから、形が変わったいまも安心して見ることができる。

 

いまは新曲を唐突なタイミングで披露したり、情報を小出しにしている状態。近々動き出すんだろうな。これから何を見せてくれるんだろう。とにかく待ってる。

 

(追記)

安心して…って書いたけど、やっぱりまだいまのNEWSを見慣れていないので、緊張はする。テレ東音楽祭のときもしてた。

ただ、心の奥では大丈夫と思ってるのだよ。

2020年も残り3ヶ月

もう今年も残り3ヶ月なんですねぇ〜…緊急事態宣言が出された4月5月が空白期間で毎年と違う時間感覚だよね。前の記事にも同じこと書いてるけど笑 

ようやく動けるようになって、前よりは外出出来て嬉しい。これも前書いたか笑

 

Pixel3a

結構前の話になりますが、6月にスマホを変えた。2年ぶりで、機種はPixel3a。前Nexus使っていたので、ずーっとPixelにしたかったんだけど、スマホ変えたいタイミングでは日本未発売だったりして、今回ようやくPixelをゲット。

f:id:yokantokiroku:20201009174601j:image

(画像ImpressWatchより)

一番変わったのはモバイルSuicaが使えるようになったこと。パスケース持ち歩く必要がなくなって便利。これいつから当たり前になったんだろ…?Android版は2018年リリースってWikipediaにあったので、最近といえば最近?

 

パスケースがいらなくなって便利だと思う一方、なんとなく寂しさも。東京住んでからも何回もSuica忘れて取りに帰って、いい思い出ではないんだけどね。雑貨屋でパスケース眺める楽しみがなくなっちゃったし、なんとなく寂しい。

 

楽天モバイル

弟に勧めれてマイネオから楽天モバイルにして、現在月額料金はかかっていない。けれど、覚えておいてください。


「「simフリースマホでも楽天モバイル対応でないと、通話まともに使えない」」


最初ネット回線は使えたから大丈夫だと思ったんだけど、0120がかけられないとか、着信が留守録で入るとか、徐々に分かってきて、絶望した…。マイネオで格安回線に慣れてたから油断してました。普段そんなに電話使わないから大丈夫だけど、何かあったとき困りそうで、不安。
もうこうなったらPixel5買うか?!ってなってる。色可愛いし。

f:id:yokantokiroku:20201009174903j:image

(画像kakakuコムより)


歯医者

ある日YouTubeを開いたらおすすめにこの動画が。


フロスって毎日やらないと駄目なの?!って衝撃だった。みんなやってるのかな…。これを見てから習慣になった。結構バスったから流れてきたのかな。見てよかった。

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40m

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40m

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

というか私そもそもしばらく歯医者に行ってなくて…ずっと行きたかったんだけども。。先日ようやく行きました(ちなみに歯医者の予約の電話が0120で、楽天モバイル×非対応機種だとかけられないと気づいた)。虫歯大きくはなかったから麻酔なしで削られてめっちゃ痛かった。2箇所で済んでよかった。
奥歯が磨きにくいので、ワンタフトブラシっていうものも買いました。

 

美術館・映画館にもお出かけしたけど、別記事にしようかな。

あ〜今年紅白とジャニーズカウントダウンやるのかな。年末のテレビ大好きなもので。

いつも通りの年末って平和だったんだなぁなんて思います。

2020年の折返し

f:id:yokantokiroku:20200706002521j:image
今年も半分終わって、後半に突入ですね。写真のカレンダー、6月30日を撮ればよかった〜めくってから気づいたよ。

 

仕事について

3月から6月中旬まで仕事が休みで、ほとんど家にいた。その間電車も乗らなかった。ここまで予定がない日々ははじめてだったな。3ヶ月…長かったな。

 

2週間前にようやく出勤した。徐々に以前の日常に戻っている。3月はまだコート着ていたのに、いつの間にか初夏と梅雨になって半袖を着て…例年以上に季節の変化を感じずに過ごしたな。

 

コロナでイレギュラーなことが多い上、2月頃から人の入れ替わりが結構あり落ち着かない…。コロナはまだ無理そうだから、人員が落ち着いて欲しい。

 

おうち時間

世界中の人がそうだったように、仕事が休みになった時間を有効活用したい、何かしたいと思っていた。そして、何もしないことに対して自己嫌悪になりかけていた。だから、積極的にだらけている自分を許そうと試みたところもある。自己嫌悪は健康によくない。

 

夫も家にいる時間が増えて、夫はちょうど発売直後のFFリメイクを、私はどうぶつの森をして過ごしていた。ちょうどよかった。それのおかげか平和に過ごしてました。

 

お昼を自炊するスキルはなかなかに上がった。乾麺のうどんは、冷凍うどんに比べて茹で時間は長いけど、持ち帰るの楽だし省スペースだしよいと思った。
どこかで見たんだけど、「夕飯は決まってるのにお昼が決まらない」ってすごく分かる。夕飯をメインに買い出しするからね。

 

地元だったら、もっと飲食店にお金を落とせるだろうなとか、会える人が多いだろうなとかは考えた。こちらにはまだまだ知り合いが少ない状態なのに、人に会う機会自体がなくなってしまって、寂しいなあと思った。

 

同じような境遇の人はたくさんいるだろうし、気楽にやるしかない。…というか今年の春上京した人なんてよっぽど寂しいよね。。あと、この状況でも連絡できる友人に感謝しつつ。


ブログについて

去年の11月頃から定期的にブログを更新するようになって、約8ヶ月経過。前よりは楽に書けるようになった。題材の選びに慣れてきたからかもしれない。

 

思ったことの羅列でもいいけど、情報を入れたいという気持ちが強い。その分、内容も長くなってしまうし、映画だったら数年前に見た映画になってしまうけど…。それでも前よりは書きたい内容を書けるようになって、嬉しい。mixiや数個のブログを無駄にし…いや、経て、ようやく形になってる気がします。

 

最近は図書館で文章の書き方に関する本を借りて読んで、地味に勉強している。・(ナカグロ)の使い方をはじめて知りました。温かいうどん・そば。ナカグロ便利!

 

サブスク時代のインプット

ここ数年、映画や音楽をうまく摂取できていなかったけど、気づかないようにやり過ごしていた。音楽に関しては、フェスの予習のため色々聞いていたのが2017年。それ以降は好きなアーティストしか聞いてなかった。

 

サブスク時代に入ってから、とにかく情報が多い。摂取したい気持ちはあるのに次々と情報が入って、結局何もしないで時間だけが過ぎてしまっていた。「ちゃんと見よう」「ちゃんと聞こう」と思う気持ちが邪魔なのは薄々気づいていたんだけと、方向転換できず…。

 

6月19日のアルマゲドン(手越くん退所)で、ショックを受けて、数年のモヤモヤが吹き飛んだ。純粋に色んな映画や音楽に触れ合いたい気持ちが復活した。

 

お風呂の時間にはサブスクのプレイリストで新しい音楽を聞いている。好きなアーティスト増やしたい。すぐ気分が落ち着くかもしれないけど、いまはそんな気持ちです。やはり「2020年上半期ベスト」とかのプレイリストは強いね。

 

映像系も、ちゃんと見たい思わず、とにかくすぐチェックしたいなと。ドラマなら全話見なくても、冒頭でやめてしまってもよい。まあそれにしても量が多いんだよねえ〜…そんなに量見られる方じゃないから、疲れちゃうのよ(本音)。

 

アルマゲドンで中断してたけど、旅行記の続き書かねば!